MENU

診療・介護・調剤報酬ファクタリングならシーエスプランニング

全国対応 最短3日で解決

0120-321-778

受付時間:9:00~18:00(土日祝日休業)

  • お申込み
  • お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • お申込み
  • お問い合わせ

コラム

新しい資金調達手段のファクタリングの仕組み

売掛債権の現金化がファクタリングの基本的な仕組み




事業を営んでいる人にとって、常に悩みの種になるのが資金繰りでしょう。どれほど素晴らしい事業で利益の出る可能性があっても、肝心の資金が回っていないと立ち行かなくなります。銀行融資や公的機関の利用などいくつか方法がありますが、その中でも近年注目されているのがファクタリングです。日本語に訳すと「仲介」といった意味合いになります。一言で言ってしまうと、売掛債権の現金化の仲介サービスのことです。

商売をしていると、納品したときに納品物と引き換えに代金を受け取ることは少ないはずです。このように商品の受け渡し時に代金を支払わずに、期日までに代金の支払いを行う取引を掛取引といいます。この掛取引を行った際に、代金を受け取る権利を売掛金と言います。

取引によって多少のずれはあるものの、たいていは売掛金発生から入金されるまで1か月から2か月程度かかります。ファクタリングの仕組みの基本は、このまだ現金化できていない売掛債権を買い取る方式です。売掛金の回収ができる前にお金が必要というときにこのサービスを利用すれば、即日必要な資金を確保することも可能です。

ちなみに債権者が持っている売掛債権は、ファクタリング業者に移動します。そして取引先から売掛金を回収すれば、貸し借りはなくなります。つまりこのサービスを利用している人は、後日返済をする必要がありません。売掛債権の現金化を前倒しで行っているだけで、そこに借金は発生しないためです。ただし業者に対して、手数料を支払う必要があります。


流れで見るファクタリングの仕組み




具体的にファクタリングサービスがどのような仕組みで運営されているのかは、実際に利用した場合の手続きの流れを見てみると分かりやすいです。

まず、納品やサービスの提供が完了したところで売掛金が発生します。その売掛金を回収する前に現金化を希望するのであれば、売掛先の取引先と交渉してファクタリングに関する了承を得ます。そのうえで現金化の仲介を行う業者を見つけ出し、契約を締結します。売掛先の企業にどの程度の金額が発生しているか確認できたら、その分の金額を利用者は受け取ります。売掛金については仲介業者が受け取る形で、ファクタリングの手続きは完結します。

ただし、申し込みをすれば、どのような企業でもこのサービスを受けられるわけではありません。ファクタリングの場合も通常は仮審査と本審査の2段階の考査を経て、初めて利用できる仕組みになっています。仮審査は最低限のチェックしか行っていないところが多いです。



審査の内容



会社が実在しているか、希望金額と使途をどのように使うかなどのヒアリングを実施する傾向が見られます。仮審査で問題がないようであれば、本審査に進みます。どの業者に依頼するかによって、流れは若干異なりますが、早ければ申し込んだ即日、長くても3営業日後には審査結果が通知されるはずです。申し込みにあたって、いろいろと必要書類を提出するように言われるので、事前に準備しておいた方が手続きもスムーズに進むでしょう。

本審査をクリアすれば、契約を締結する流れです。契約書は仲介業者の方で用意してくれます。署名と捺印をすれば、正式に依頼、契約締結という運びです。このとき、契約書に記載されている内容をよく確認することが重要です。誤りがある、もしくは分からないところがあれば、サインをする前に担当者に確認をとっておきましょう。


速やかにファクタリングの契約をするために準備すべきこと


ファクタリングのサービスを受けるためには多少の時間が必要です。しかしこちらのサービスを利用する経営者は、できるだけ早く現金を確保したいと思っています。そこで早く手続きを進めるためには、事前に準備をしておくのがおすすめです。

契約を交わすにあたって、いろいろと必要書類を提出するように求められる仕組みになっています。業者によって多少は違いますが、通常決算書と試算表、取引の直近データ、入金確認できる書類などが必要です。このような書類をあらかじめ手配しておくと、その後の流れがスムーズに進みます。

タイミング的には、実際に相談する前の段階で準備しておくのがおすすめです。申し込んだ後にある仮審査のときに詳しい書類を提出しておくと、本審査の手続きも簡略化できるでしょう。



経営状態を把握する事も大切


自分の会社の経営状態について把握しておくことも、手早く現金化するために大事なことです。もし仮審査の段階で、会社の経営状況に関する数字が出てくれば、相手も信頼に足る会社であるかのおおよその見当がつきます。経営者の中には自社の経営状況について正確に把握できていない人も結構いますから、いま一度自分の足元を確認しておくことです。ただし仮審査の段階では、まだそれほど具体的なデータを求められることはないです。おおよその数字が分かっていれば十分です。このような準備を前もって行っておくと、スムーズに審査が進みます。

  • ファクタリングとは

    COLUMN

  • 手数料について

    COMMISSION

  • お客様の声

pagetop