MENU

診療・介護・調剤報酬ファクタリングならシーエスプランニング

全国対応 最短3日で解決

0120-321-778

受付時間:9:00~18:00(土日祝日休業)

  • お申込み
  • お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • お申込み
  • お問い合わせ

コラム

ファクタリングのメリットデメリットについて紹介

HOME > コラム > ファクタリングのメリットデメリットについて紹介

ファクタリングのメリットデメリットについて紹介

借入ではないことはメリットではない

ファクタリングのメリットというと、借入ではないことばかりが強調されています。ファクタリングは債権の譲渡です。借入ではないため、帳簿上は借入金という勘定科目は用いません。そのため、決算の見栄えが良くなると紹介している情報には注意が必要です。
借入金という負債に計上する必要はなくなりますが、売掛金という資産勘定科目を譲渡するわけですから、売掛金が無くなることに注意しなければなりません。そのため、決算書の見栄えが良くなるという情報は誤りであり、金融機関は見栄えが良くなったとは考えません。

総括しますと、ファクタリングを利用することにより銀行等の金融機関から借入れた場合に用いる借入金という勘定科目を使用しないというメリットはありますが、売掛金という資産勘定が無くなるというデメリットもあるため、メリットとは言えないでしょう。


ファクタリングのメリット

信用情報に載らない

ファクタリングは売掛債権の譲渡のため、借入金ではありません。銀行等金融機関は相互に情報を共有するため、信用情報機関に借入日、借入残高や返済日などを登録しているため、どれくらいの借金をしているのかが相互にわかります。
しかし、ファクタリングは貸金ではないため信用情報機関に登録されません。信用情報機関に登録されない資金調達は自社にとってメリットかもしれません。但し、メインバンクに知られた時のデメリットにも注意が必要です。
他のことにも言えますが、メリットだけのものはありません。必ずデメリットもあるため、自社にとってのメリットとデメリットを比較考量しメリットの方が大きい方を選ぶのが良いかと思います。

審査基準が明確

金融機関は、貸付をする際には決算書等を徴求し、自社の返済能力を調べます。いくらお金が必要だと言われても、返済能力がない会社に貸すことは出来ないので当然と言えば当然です。
しかし、ファクタリングは売掛金の売買のため、返済能力を調べる必要はありません。自社の売掛金の信用度を見るだけですので、銀行等金融機関よりも審査は簡易的になります。急ぎの資金を調達したい場合には非常に早く資金調達が可能となります。


ファクタリングのデメリット

買取手数料が高くなるケースあり

ファクタリングの買取手数料は会社によって様々です。銀行等金融機関は年利表記に対し、ファクタリングは月利表記であることに気づかず、ファクタリングを利用し非常に高額な買取手数料を取られるといった情報も散見されます。
買取手数料が5%の場合、年利60%相当額(月利5%×12ヶ月)、10%の場合、年利120%(月利10%×12ヶ月)相当額であることを理解していないと後々のトラブルの要因となり、また自社の経営にも影響を来たします。
但し、銀行等金融機関に返済する場合には、元金と利息を払うのに対し、ファクタリングの場合は買取手数料を払うだけで済みますので、自社のキャッシュアウトを抑えるという意味合いにおいては良いのかもしれません。

長い利用は非常に危険

一時的な資金ショートのためにファクタリングをことは非常にメリットがあるかもしれませんが、中長期間のファクタリングの利用はお薦めしません。
長い利用をお薦めしない理由は、上記で挙げた買取手数料が高額な場合があることと、借入金でいう元金部分が減少しないことが挙げられます。つまり、高利の利払いを繰り返す行為と同じと言えます。
きちんとした資金計画を立て、一時的な利用に留めるか、買取手数料が低く且つ調査料や事務手数料等各種名目の手数料を徴求しない会社であれば長く利用しても自社の経営に与える影響は軽微なものと言えるでしょう。

  • ファクタリングとは

    COLUMN

  • 手数料について

    COMMISSION

  • お客様の声

pagetop