MENU

診療・介護・調剤報酬ファクタリングならシーエスプランニング

全国対応 最短3日で解決

0120-321-778

受付時間:9:00~18:00(土日祝日休業)

  • お申込み
  • お問い合わせ
  • フリーダイヤル
  • お申込み
  • お問い合わせ

コラム

ファクタリングとは?種類やメリット・デメリットを解説

近年の資金調達方法



近年、企業の資金調達方法として注目を集めているのが「ファクタリング」です。ファクタリングとは、企業から売掛債権を買い取って、現金化する金融サービスのことです。売掛債権を現金化できることから、資金繰りに悩んでいる企業にとっては有難いサービスといえます。
今回はこのファクタリングに注目し、基本的な仕組みや種類、メリットとデメリットについて詳しく解説します。




ファクタリングとは


ファクタリングとは企業の資金難を防ぐ頼れるサービスです。売掛金を回収することは、資金繰りに悩む企業にとっては大きな課題です。しかしファクタリングを利用すれば、手持ちの売掛金をすぐに現金化でき、資金不足を解消できます。
以下では、ファクタリングの基本的な仕組みと種類について説明します。


ファクタリングは企業を対象とした売掛金を早期回収できるサービス


企業同士が取引を行う場合、売り上げが生じたらその場ですぐに現金を受け取るのではなく、「売掛金」という債権を得る掛取引で行われるのが通例です。売掛金は、おおむね1年以内に回収が見込まれる債権という位置づけであるため、現金化されるには一定の時間がかかります。
売掛金が回収され現金化されるまでの期間でも、経営活動を行ううえで必要な費用・支出に対する現金による支払いは避けられません。場合によっては手持ちの現金が不足し、未回収の売掛債権を持ったまま、資金繰りが苦しくなり、事業の継続が困難に陥る場合もあるのです。
ファクタリングは、そのような企業にとって大きな助けとなります。ファクタリングサービスを利用すれば、ファクタリング業者が売掛金相当額を支払ってくれるので、売掛債権を持つ企業はすぐに現金を入手できます。


2社間ファクタリングは業者と債権者が契約して行う取引


実際に行われるファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2つの方法があります。
2社間ファクタリングは、売掛債権を持つ企業とファクタリング業者の2社が契約を結んで行う方法です。具体的には、以下のプロセスによって行われます。

①売掛金の債権を持つ企業(以下、債権者)がファクタリング業者に売掛債権を譲渡し、ファクタリング業者は債権者に売掛金相当額を支払います。
②後日、売掛金の支払い義務のある企業(以下、債務者)が、債権者に売掛金の支払いを行います。
③債権者は債務者から受け取った売掛金相当額を、ファクタリング業者に支払います。

この2社間ファクタリングの場合、債務者は何か契約を結ぶ必要はありません。債権者とファクタリング業者だけで取引が行われます。


3社間ファクタリングは業者・債権者・債務者の3社が契約して行う取引


もう1つの方法が、3社間ファクタリングです。この方法にはファクタリング業者と債権者に加えて、債務者も契約したうえで参加します。具体的なプロセスは以下のとおりです。

①債権者とファクタリング業者、債権者と債務者の間で、ファクタリングの契約・承認を行います。
②債権者が債務者に対して支払金額の確認を行います。
③債権者がファクタリング業者に売掛債権を譲渡し、ファクタリング業者は債権者に売掛金相当額を支払います。
④ファクタリング業者が債務者に対して支払金額の確認を行います。
⑤債務者がファクタリング業者に対して売掛金相当額を支払います。

2社ファクタリングと異なる点は、債権者ではなくファクタリング業者が債務者から売掛金の回収を行うところです。


ファクタリングの主な種類は買取型と保証型の2つ




2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは、売掛金の売却が行われることから「買取型」と呼ばれるのが一般的です。しかし、ファクタリングには買取型とは別のタイプのサービスである「保証型」という種類もあります。


債権者が売掛債権を業者に売却する「買取型」


「買取型」は、債権者が売掛金を急ぎ現金化したい場合に行われるファクタリングです。債権者はファクタリング業者に売掛債権を売却することで、早期に売掛金相当額を入手できます。このタイプのファクタリングでは、ファクタリング業者が売掛債権の買取を行うのが基本です。


資金調達を目的としないファクタリング「保証型」


一方、保証型は、売掛金の貸し倒れリスクを回避するために行われるファクタリングです。売掛金の債権者には、売掛金の回収ができないまま債務者が倒産する危険性、すなわち「貸し倒れのリスク」が常につきまといます。
保証型ファクタリングは、もし債務者が倒産して売掛金の回収ができなくなったときに、保証会社がその未回収額を債権者に支払ってくれるというサービスです。いわば保険サービスの一種といえるでしょう。
債務者が倒産せずに売掛金の代金を債権者に支払えば、ファクタリング業者(保険会社)は支払いをする必要はありません。そこで契約は終了です。


ファクタリングのメリットとデメリットを解説


続いて、ファクタリングのメリットとデメリットについて説明しましょう。ファクタリングサービスが近年注目を集めている背景には、売掛金の債権者である企業にとってそれだけメリットがあるからです。一方でデメリットもあり、サービスを利用する際は、その点も踏まえておく必要があります。


最大のメリットは資金調達を速やかに行える点


最も大きなメリットは、売掛金をすぐに現金化できるので、新たな資金調達の手段になるという点です。
企業が緊急で資金を必要とする場合、通常は銀行に融資を依頼します。しかし銀行に融資を申し込んでも、一定の審査期間が必要なので、すぐに資金を調達できるわけではありません。しかも審査の結果、基準に達していないと判断されれば、融資自体が受けられなくなるのです。
ファクタリングだと、未回収の売掛債権があれば時間をかけずに資金を調達できます。売掛債権を購入するファクタリング業者も審査を行いますが、銀行ほど時間はかかりません。しかも、ファクタリング業者が審査で重視するのは売掛金の支払い義務のある債務者に対してで、債権者に対してではありません。
そのため、債権者は自社の業績が悪化していても、債務者が優良企業であれば、すぐに資金を調達できる可能性があります。


デメリットは手数料が発生すること


債権者がファクタリングを行うと、ファクタリング業者に対して手数料を支払います。この手数料のことを考慮すると、債権者はファクタリング業者を利用せずに売掛金の回収を行った方が、得られる資金自体は多くなるわけです。
この費用負担の発生は、ファクタリングにおける大きなデメリットといえます。
しかし、当然ですが債権者は、手数料の負担があることを知ったうえでファクタリングを利用するわけです。手数料が発生するデメリットよりも、売掛金の現金化を早期に行えるメリットの方が大きいと判断すれば、債権者はファクタリングを利用するでしょう。



ファクタリングは企業の新たな資金調達手段


ファクタリングとは、売掛債権があれば即座に資金を調達できるという、近年企業の間で注目を集めているサービスです。ファクタリングには2社間ファクタリングや3社間ファクタリングによって行われる「買取型」と、貸し倒れの保証を行う「保証型」の2種類があります。
ファクタリングは、企業にとって有力な資金調達法になるというメリットがある一方、手数料が発生する点がデメリットです。ファクタリングの利用は、メリットとデメリットをはかりにかけ、メリットの方が大きいと判断される場合に行うと良いでしょう。

  • ファクタリングとは

    COLUMN

  • 手数料について

    COMMISSION

  • お客様の声

pagetop